tel:0940-62-6000
mail

個人・自営業の
お客様
節税しながら年金資産を形成できる!

イデコ

iDeCoの資料はコチラ!

コチラのQRコードからも
資料請求出来ます▶▶▶

idecoqrコード

資料請求から運用商品選びまで金融財務研究所がアドバイスします♪

ブログ

ブログ
金融財務研究所 福岡支店の日々の業務への取組みや、会社経営、老後の資金についてなど、お金にまつわるお役立ち情報を配信しています。

iDeCo加入者で60歳が近い方

iDeCoの加入期間65歳に延長

2022年5月から確定拠出年金制度(401K)の継続加入期間が企業型70歳、個人型(iDeCo)65歳に延長となります。そのことは2020年12月13日に「iDeCo65歳延長の注意点」と題してブログ(添付URL)を書かせていただきましたのでご参照ください。

 

【iDeCo65歳延長の注意点(2020.12.13ブログ)】

https://kinzai-fk.com/2020/12/13/idecoenchounochuuiten/

 

2022年5月までに60歳になる方の選択肢

2022年5月までに60歳に達した方は受給を始めてしまうと施行時期がきても再加入はできません。そこで65歳まで掛けたい方はすぐに受給せずに当面は掛金を出さずに運用するだけの「運用指図者」となって2022年5月以降手続きをして改めて加入者に戻るという選択肢があります。但し、すべての方にこの選択肢があるわけではありません。上記添付のブログで注意点として書いておりますが、60歳以降も個人型確定拠出年金制度(iDeCo)に加入するには国民年金もしくは厚生年金の被保険者であることが必要です。会社員として厚生年金に加入していれば問題ありませんが、自営業者の方など国民年金の方は60歳時点で480ヶ月(20歳~60歳までの40年間)完納されてる方は延長ができません。途中未納期間があればその期間分は個人型確定拠出年金制度(iDeCo)も掛けることができます。

ねんきん定期便

皆さん毎年誕生日月に「ねんきん定期便」というハガキが送られてきているかと思います。その中でご自身が将来どのくらい年金がもらえるかその額を気にして見ていらっしゃる方は多いと思いますが、そのハガキの中の2に「これまでの年金加入期間」という欄があります。それも合わせてご覧になっていただきご自身の未納期間を一度確認してみてください。ちなみに私も直近の「ねんきん定期便」で確認すると28ヶ月ほど未納期間があるようです。20歳になってから大学を卒業するまでの2年間と転職時のわずかな期間が未納となったと思われます。このように振り返ればあの時かと思いますが、未納期間があるかないか、あればどのくらいあるのか把握している方は少ないですよね。

継続加入期間は延びても新規加入は60歳までのまま

確定拠出年金制度(401K)の継続加入期間が延びて65歳や70歳まで掛けるのかどうか?当然ですが、これを検討するには60歳までにこの制度に加入していないとできない話です。老後資金を少しでもより有利な形で作っていく1つの手段としてまずはこの制度に加入されることをお勧めいたします。

 

Please share!